パソコンスクール PCアカデミーオーシャン公式ホームページ

パソコンスクール PCアカデミーオーシャン公式ホームページ 神奈川県 公共職業訓練 即戦力・障がい者職業訓練 トライ・教育訓練などビジネススクールです。

〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-2-1 小田原駅前ビル4階

育て方

本当は、お祭りに行ったブログにする予定で写真もとっていたけど、昨日考えさせられた事があったので、その話にします。

子ども達が夏休みに入り、中一の息子にたんまりと宿題がでました。焦った私は、勉強の時間や部活などの夏休みのスケジュール管理をすることにしました。
1学期の定期テストの勉強も見ていてもやり方がまだわからないようで、点数も伸びず、自分自身の事のように私が焦っていて、その復習もやらせなきゃ、9月のテスト勉強もやらせなきゃと思っていたので、これは私が全面的にサポートしないとと思っていました。
小学校まではほとんど放置状態だったのに、中学に入り急に高校受験の話題が多く、急に焦りだした私がいました。塾に入れれば簡単かもしれませんが、その前に自分の勉強方を見つける為に私が見てあげないとという思いがあり、数ヶ月過ごしました。
しかし、仕事から帰り家事を行いながら、子供二人の勉強も見てという生活をすると、自分の時間もほとんど無い状態で、そんな中のんびり寝転がっている夫に「もう少し勉強を見てあげて」とイライラをぶつけました。
そうすると、「今は教育ママになっているだけで、お膳立てが多すぎて子供も言われたとおりに動いているロボットのようだ、そんなやり方にのるつもりはない」との返事でした。
確かに、最近「ママ、部活は今日ある?」「今日は何の勉強やればいいの?」と聞いてくるようになっていて、私は子供の頃、親に勉強を見てもらった覚えも管理された覚えもないのに、これで良いのか?と疑問に思いながらも、実家に帰れば勉強はきちんとやらせなさいと孫を思うあまりか父母に言われ、ゆらゆら揺れ易い私は、今のやり方を少しの間継続してきました。
「学歴さえあっても、言われたとおりにしか仕事が出来ない大人も居るし、ニートになってしまう人もいる。自主性やコミュニケーション能力が重要視されるこれからの世の中生きていくには、考えて自分でやり遂げる力を育ててあげるのが先だろう。それに勉強がついてくればなお良いけど」と言う話を言われ、ごもっともな内容に私もはっとしました。
危ないところだった。自主性をつぶしていると気が付きました。サポートの仕方が間違えていたのです。

生活面では、自主性と言えるかわからないけど、自分で出来ることはやらせてきたつもり。
上履きは小学校3年生から洗ってあげないので、洗うつもりで持って帰って来ては、汚いまま月曜日持って行くという状態。でも、気持ち悪ければ自分で洗うだろうと。
学校までも遠いので、送迎をしているお家もありますが、ひどい雨の日とか理由がない限りは自力でいってもらう。当たりの事ですがあまり手を出しすぎないようにとしてきました。
お世話焼きの同居している義母は、「私が運転できれば送ってあげるのに」といつも言われますが。そんな義母は、病院にも一人でいけない自分で何もできないと義父の文句ばかり言っています。
何十年間と義父の事をなんでもかんでもやってきてあげた結果が自分にふりかかってきているのだと私は毎日喧嘩する二人を見ていつも思うのです。それに、将来嫁である私にそのお世話が降りかかってくるのもご勘弁です。
大人でも、なんでもかんでもやってあげるのではなく、一人でできるように促していってあげる事が大事だと身を持って感じています。それが、自分の為でも相手の為でもあり、まわりの皆の為でもあります。
今回は、気が付かせてくれてありがとうの夫の事も、実は私は育てているつもりです。
というのも、自分で朝起きることが苦手。前は寝る時間もほんの少ししかない環境だったので、大変だろうと起こしてあげていましたが、睡眠がたっぷり取れるようになった後も変わりませんでした。
これは、昔から親に起こしてもらってきたのだなと気付いた私は、自分で起きるような声かけをする事にしました。今日も起きれず、バスに乗り遅れたので自分で歩いて行きました。これも送ってあげるのは簡単だし、意地悪なようにも感じますが、これを続けるとお互いのためにならないですから。
私は、どんなに睡眠不足でも、家族のお弁当を作り家事をしてから仕事に来ます。いろいろ思うことはありますよ。

自分でやってしまったり、口を出したほうが思い通りになり楽だし早い場合も多いです。子育てに限らず何事もそうですよね。黙って見守るということは忍耐も要り、なかなか大変です。
だから、今日思っているようなことが今後も保てるかわかりませんが、ゆらゆら揺れながらも軌道修正を行いながらいければいいかなくらいの気持ちでいきます。
何が正解だったか、何年も何十年もたたないとわからないかもしれませんが、自分で考えて稼いで生きていける大人に育つようサポートしていくのが目標です。
息子を始め家族の自主性を育てていきつつ、私も成長していければと思います。

身の上話で長くなってしまいましたが、この今思うことは、子育て以外にも関連する私の中で大事なことなので、思いを綴ってしまいました。

« »