パソコンスクール PCアカデミーオーシャン公式ホームページ

パソコンスクール PCアカデミーオーシャン公式ホームページ 神奈川県 公共職業訓練 即戦力・障がい者職業訓練 トライ・教育訓練などビジネススクールです。

〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-2-1 小田原駅前ビル4階

03月

おすすめ本

是非読んでいただきたいお勧めの本がありますので紹介します。
「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?―ともだちがおもい病気になったとき―」という絵本です。
皆さんもご存じのスヌーピーと仲間たちが登場します。
チャーリー・ブラウンの友達の女の子ジャニスが白血病になってしまい治療を始めるのですが、
他の友達の心無い一言やジャニスの姉妹の一言で、ジャニスはとても悩んだり傷ついたりします。
それでもジャニスは元気になることを信じて頑張って治療を続けて、そんなジャニスをチャーリーとライナスは一所懸命守ろうとします。
とっても心温まる話で、きっと何かを感じると思います。
私がこの本に出会ったのは、ある病院の小児病棟のプレイルームで見つけたのですが、感動して泣いてしい、その後で購入しました。何度読んでも泣けてきます。
この本が作られたのは、アメリカの看護師さんが作者のシュルツさんに「重い病気で苦しんでいる子供たちを励ましたい」という手紙を送ったことがきっかけで、日本語訳は日本の小児がん専門のお医者さんがされたそうです。
少し難しい言葉も出てきますが、説明書きもあるのでお子さんでもわかると思います。
大人も子供もぜひ読んでほしい1冊です。

卒業

まだまだ冬のような日も多いですが卒業シーズンですね。
我が家でも長男が卒業しました。
低学年の頃まではとにかく大変で、毎日仕事から帰れば戦場!回りに相談したり育児書を読んだり子育てを模索する日々でした。時にはオーシャンに来ている先輩ママの生徒さんとお悩み相談みたいになり、そのうち落ち着くから大丈夫よと励まされ涙したり、同じ年代の生徒さんとはお互い頑張ろうと励まし合った事も何度となくありました。
回りから言われたとおり、今では落ち着き、あの時が一番の反抗期だったのかもとさえ思います。


そして少年サッカーも親子で6年間よく頑張ったと我ながら思います。
週3日の練習に月に何度もある試合、6年間苦しいこともたくさんありました。本人がすごく好きなわけでもないのに、親も送迎や試合のお手伝い、役員など大変な思いをしてやる意味はあるのか?やめれば私もどんなに楽になるかと悩む日も何度もありました。
でも嫌だからと辞めるのは簡単だけど、あきらめないで頑張れば子供ながらに感じる事があるかもしれないと思い、ここまできました。
続けて良かった、今はサッカーが楽しいと先日子供が言っていました。

私も今となっては、子供の成長を見ながらの応援も楽しかったし、親子共にステキな仲間にも巡り会えて、すがすがしい達成感です。きっと、子供も感じている事でしょう。
子供がサッカーをやっていたからこそ、私もママ仲間達と感動の涙や悔し涙、いろんな思いを共有し、親子で色々な面で成長でき子供にも感謝だなと思います。
子供一人成人させたくらいな心境になってますが、気が早いですね。最近は下の子が反抗期!次男はぐーたらなので、頑張ればそれなりに成果が表れるという事を長男同様、身をもって体験してほしいと思います。
さあ私もまだまだ頑張らなくては。 

 

こだわりの店

先日アウトレットに行くついでに御殿場の人気のハンバーグ屋さんに行って来ました。とても人気があることは行く前から聞いてはいたのですが、平日の12時台に行くと1時間待ちとのこと。さすがにそんなには待てないねという話になり諦めたのですが、その話を家族にしたところ、自分たちがリベンジしてくると言って出かけて行きました。
しかも私の行ったときよりも更に混んでいる休日です。11時前に店に着いたそうですが、それでもその時点で二時間半待ちだったそうです。店に並んでまで食べようとする一家ではないのですが、その日は美味しいハンバーグのためになんとか頑張ったそうです。
待った末に食べたハンバーグはやっぱりとても美味しかったとのこと。

それから私が行ったときにもそうだったのですが、有名なお店のために日本中の様々な所からお客さんが来るようで、宮城や名古屋や色々なナンバーの車がありました。なんでもそのお店はお肉の鮮度を保つために、静岡県外にはお店を進出させていないそうです。

たくさんのお客さんに選ばれるためにこだわりを持ち、並んでまで食べたいと多くの人に思わせるのはさすがだなあと思いました。私もぜひ次回、リベンジをしたいと思います。

ご無沙汰でした

先日、久しぶりに地元の神社に行きました。十年ぶりとかそういうレベルなので、久しぶりどころではないかもしれません。初詣に行く神社ではなく、地元の氏神様の神社です。
地域のお祭りで子供の頃にお神輿を担いだなあとか、小さな境内いっぱいの出店が始まるのが夕方の4時くらいからで、それをワクワクと待っていたなあとか。神社に関する思い出を数えながら、途中の道も「変わってないなー!」と「えっここって元は何だっけ」と「何これいつの間にこんなの建ってたの」の連続でした。
そして到着した神社は、「記憶よりも小さいな、やっぱり子供には大きく広く見えたんだろう…」という感慨に浸るだろうという予想を裏切り、記憶よりも大きくて小奇麗でした。特に改修したというわけでもなさそうで、大切に綺麗に保たれているんだなーとちょっと感動しつつ、お参りしてきました。
非常にすがすがしい気分になれたので、他にも色々な神社に顔を出してみたいという気持ちが湧いてきています。氏神様参り、おすすめです。

誕生日&ひな祭り

2月の終わりに妹の誕生日がありまして、いつも私の作るプリンを大絶賛(!?)してくれる妹に毎年恒例の特製プリンを作ってあげました。今年はイチゴ盛り盛りにしてみました。

今回もとっても喜んでくれて、直径18センチ位あるのですが、ほぼ一人で食べていましたよ。

そして3月はひな祭り!
ひな祭りになると、母が必ずちらしずしとお澄ましを作ってくれます。いくつになっても“女の子”と思ってくれているようです。

ご馳走様でした。