パソコンスクール PCアカデミーオーシャン公式ホームページ

パソコンスクール PCアカデミーオーシャン公式ホームページ 神奈川県 公共職業訓練 即戦力・障がい者職業訓練 トライ・教育訓練などビジネススクールです。

〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-2-1 小田原駅前ビル4階

インストラクター

既に夏支度

のどの保護と風邪などの感染予防のために会社への行き帰りはマスクを装着しているのですが、そのマスクのせいで蒸れて熱中症になりそうな季節ですね。
暑いのは重々承知、けれど外出時にマスクをする癖がついてしまっているので、マスクなしで人混みに入り込むことに躊躇してしまいます。本当に暑くて日によっては頭がぼーっとしてしまうので、そろそろマスクを手放すことを本格的に考えなくてはまずそうです。

ひんやりクールという謳い文句のシーツやカバーを揃えて、寝室は既に夏対応!しているのですが、逆に今からこんなに備えてしまって真夏はどうするんだろうという有様です。
個人的に本当に苦手な時期なので、毎年なんとか乗り越えるために暑さ対策グッズが増殖していきます。
…暑さに対抗するならまっさきに手放すべきはマスクだなと、これを書いていて改めて思いました。

梅雨入り

いよいよ関東地方が梅雨入りしました。

「洗濯物が乾かない」「ジメジメする」「外で遊べない」・・・などありますが、恵みの雨になっているところもあるんですよね。

梅雨の季節と言えば「アジサイ」が頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。この時期はあちらこちらでアジサイを見かけて、こんなところにもあったのね!といった感じです。通勤途中にも何種類かのアジサイを見つけました。

梅雨明けするまでのしばらくはジメジメが続きますね・・・あ~髪型が決まらない!!

 

美味しいうどんの話

来月に家族が四国に行くというので、お土産は何が良いかな、と考えていました。
香川も周るようなので美味しいうどんが食べたいと言ったところ、ああいうものは
その場で食べないと、と言われました。
以前友人が香川に行った時に、宇都宮の餃子みたいにたくさんお店回るんでしょ、
と言ったら、餃子よりはるかに量が多いし、何か所もまわることなんて出来ないよ、
と言われてしまいました。
ちなみに私が宇都宮に行ったときは、7件ぐらいお店を回った気がします。
その上餃子のお土産まで買って帰りました。
何故かいつも家族旅行に自分だけ誘ってもらえないのですが、私もそのうち香川にうどんを食べに行きたいです。

マイブームの卵

我ながら外的要因に影響されてマイブームが実にあっさりと移り変わるのですが、今ちょっと自分の中で浮世絵が来そうな状態です。
葛飾北斎が特集された本を読み、平塚美術館で今浮世絵展をやっているポスターを目にし、テレビで浮世絵の作成過程を目にし…と、短期間で浮世絵に関する情報にやたらと触れたもので、一気に興味が湧きあがっている状態です。とりあえず、次のお休みは美術館に行きたいですね。興味を持った展示が行われていたのに気づくのが遅れて見ることが出来なかったことが多々あるので、しっかりとカレンダーに印を付けておきました。
後は当日、雨が降らず寝坊しませんように!

小田原城

先日とーてっも久しぶりに小田原城の天守閣に行ってきました。

近くにあっていつも外から見ているものなので、これまであえて天守閣まで入ることもなく、小学校1年の遠足で1回と、今はもう大きくなった姪が小さい頃に忍者が好きだったので連れて行ったのが1回、そのくらいしか無かったような・・・。

昨年に「平成の大改修」ということで、天守閣の壁の白さが際立ってきれいになっていました。以前の記憶があまり定かではないのですが、なかもだいぶ変わっていました。

高いところから小田原の街並みを見下ろしてみるのもいいものですね!天気も良かったのできれいでしたよ。

熊本地震で被災した熊本城に対して、いち早く復興支援をしたときには、ツイッターで「小田原城に男気を感じた」なんてつぶやきがありました。今でも募金箱が設置されていましたので、わずかではありますが募金してきました。

5月3日に北条五代祭もありますので、訪れる方も多くなりそうですね。小田原の一大イベントですから(笑)

 

 

潮干狩り

八景島の潮干刈りに出かけました!
パパ友が誘ってくれ、そんな家族が8組集まり、現地集合現地解散の気ままな潮干刈りでした。
本格的な潮干刈りは初でしたが、ネットでみた通りものすごい人とテント。子供そっちのけで、大人達は必死。
海や川が大好きなうちの子は、「また明日も来たい!!」というくらいどっぷりはまり人一倍楽しみました。
友達は、去年バケツ3杯とったと聞き期待していましたが、小さい子供用バケツ1杯くらいでした。
でも家族分くらいは取れ、翌日アサリの酒蒸を子供は満足そうに食べていました。
一年中できる潮干刈りですが、4月5月が取れごろらしいですよ!

2017年登山開始!

もう冬も終わりましたので、今年の初登山に来週出かけます。
陣馬山という山に登るのですが、初めて登る山です。
いつもいつも初めて行く山はどのくらいのレベルなのだろうと不安になるのですが、今回は遭難しないようにきちんと準備をしていきたいと思います。
あと食料は凄く大事だなーと毎回しみじみ思います。疲れてくるとどうしてもゾンビのようになるのですが、そうしたタイミングで甘いものを口に含むと生気が戻ってきます。
それからペースも大事。ついついいけると思うと早くなってしまいがちで、後からどっと疲れてしまうことが今までの経験上わかっているので、甘く見ないように気をつけたいと思っています。
とりあえず当日に向けた体力作りが必要なので、普段からたくさん階段を上がるようにしておきます。
疲れてくると段々足が上がらなくなってしまうので。上に登るという動作に強くなっておきたいです。

春を見つける

いくらなんでも冬用のコートはもうクリーニングに出してしまって大丈夫でしょう、といえるくらいには暖かくなってきました。桜が満開になるあたりを見計らったように降る雨も例年のお約束ですよね。
街中の花壇や家々の庭先も華やかになってくる季節ですが、川沿いの土手の春模様も私は大好きです。最近テレビで見た絵本作家さんの身近な雑草に対する視点がとても素敵だったので、すっかり影響されて最近は足元の小さな草花たちをよく見るようになっています。
数日前に川沿いを歩いていたら、ツクシと踊子草とオオイヌノフグリがとてもかわいらしく競演していました。皆さんも足元観察で季節に触れてみてくださいね!

おすすめ本

是非読んでいただきたいお勧めの本がありますので紹介します。
「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?―ともだちがおもい病気になったとき―」という絵本です。
皆さんもご存じのスヌーピーと仲間たちが登場します。
チャーリー・ブラウンの友達の女の子ジャニスが白血病になってしまい治療を始めるのですが、
他の友達の心無い一言やジャニスの姉妹の一言で、ジャニスはとても悩んだり傷ついたりします。
それでもジャニスは元気になることを信じて頑張って治療を続けて、そんなジャニスをチャーリーとライナスは一所懸命守ろうとします。
とっても心温まる話で、きっと何かを感じると思います。
私がこの本に出会ったのは、ある病院の小児病棟のプレイルームで見つけたのですが、感動して泣いてしい、その後で購入しました。何度読んでも泣けてきます。
この本が作られたのは、アメリカの看護師さんが作者のシュルツさんに「重い病気で苦しんでいる子供たちを励ましたい」という手紙を送ったことがきっかけで、日本語訳は日本の小児がん専門のお医者さんがされたそうです。
少し難しい言葉も出てきますが、説明書きもあるのでお子さんでもわかると思います。
大人も子供もぜひ読んでほしい1冊です。

卒業

まだまだ冬のような日も多いですが卒業シーズンですね。
我が家でも長男が卒業しました。
低学年の頃まではとにかく大変で、毎日仕事から帰れば戦場!回りに相談したり育児書を読んだり子育てを模索する日々でした。時にはオーシャンに来ている先輩ママの生徒さんとお悩み相談みたいになり、そのうち落ち着くから大丈夫よと励まされ涙したり、同じ年代の生徒さんとはお互い頑張ろうと励まし合った事も何度となくありました。
回りから言われたとおり、今では落ち着き、あの時が一番の反抗期だったのかもとさえ思います。


そして少年サッカーも親子で6年間よく頑張ったと我ながら思います。
週3日の練習に月に何度もある試合、6年間苦しいこともたくさんありました。本人がすごく好きなわけでもないのに、親も送迎や試合のお手伝い、役員など大変な思いをしてやる意味はあるのか?やめれば私もどんなに楽になるかと悩む日も何度もありました。
でも嫌だからと辞めるのは簡単だけど、あきらめないで頑張れば子供ながらに感じる事があるかもしれないと思い、ここまできました。
続けて良かった、今はサッカーが楽しいと先日子供が言っていました。

私も今となっては、子供の成長を見ながらの応援も楽しかったし、親子共にステキな仲間にも巡り会えて、すがすがしい達成感です。きっと、子供も感じている事でしょう。
子供がサッカーをやっていたからこそ、私もママ仲間達と感動の涙や悔し涙、いろんな思いを共有し、親子で色々な面で成長でき子供にも感謝だなと思います。
子供一人成人させたくらいな心境になってますが、気が早いですね。最近は下の子が反抗期!次男はぐーたらなので、頑張ればそれなりに成果が表れるという事を長男同様、身をもって体験してほしいと思います。
さあ私もまだまだ頑張らなくては。